東京不動産売却GUIDE » 家を売って住み替える!買い替え・住み替えマニュアル » 住み替えローンとは?

住み替えローンとは?

家の買い替え、住み替えをするタイミングは必ずしも現在の持ち家のローン完済後とは限りません。しかしローンの残った抵当権付きの家を買う人はまずいませんし、売れずに二重ローンを払い続けることも普通は難しいでしょう。

そういう場合に使われるのが、いわゆる「住み替えローン」です。その仕組みと流れを知っておきましょう。

住み替えローンとはどんなローン?

住み替えローンとは、持ち家の売却代金を充当してもなおローン残額が発生する人に対し、金融機関がローン残額と買い替える家の購入資金をまとめて融資するサービスのことです。当然ながら売却代金で完済できる人は利用できません。また、残債があまり高額だと融資審査はまず通らないことに注意しましょう。

住み替えローン利用の注意点

住み替えローンを利用する場合、持ち家の売却と新居購入の決済日を揃える必要があります。金融機関としては前の家の抵当権を外すのと新たな家への抵当権設定を同日にすることで万一のリスクを回避するというのがその理由です。不動産会社は住み替えローンを利用する依頼者のため、売却と購入の日程を調整する必要があります。そのため、売却を依頼する不動産会社には予め住み替えローン利用を考えている旨告知しておきます。

住み替えローン利用の流れ

まずは持ち家を査定して金額を決め、売りに出すところから始めます。

購入希望者が現れ、売買契約がまとまりそうと判断できれば、資金計画が立てられるので、次に新居探しに入りましょう。新居のめどが付けば持ち家の売買契約を交わします。続けて新居の申込みをします。この時点で金融機関に住み替えローンの事前審査を受けておきます。新居の売買契約を締結したら住み替えローンを正式に申込み、前述のように持ち家と新居の決済・引き渡しを同日に行います。

住み替えローンのメリット・デメリット

メリットはなんと言ってもローン完済前でも自己資金不要で買い替えができることです。自己資金がある人でも、ローン残額>売却額であれば利用できるので、万一に備えある程度の現金を持っておきたい場合に便利です。

デメリットとしては、上記の流れを見てもお分かりのように、新居を探す時間があまり取れないことです。また、前の家のローンにさらに新たなローンが加わる形になるので、返済の負担が増すことになります。

住み替えローンの利用は長期的に計画を立て、不動産会社とも相談しながら慎重に行うようにしましょう。