東京不動産売却GUIDE » 不動産売却・物件別の会社選びのポイント » ワンルームマンションの売却

ワンルームマンションの売却

ワンルームマンションを売却する際に押さえておくべき基本的なポイントを解説しています。ワンルームマンションを売却する際には、以下3点の基本事項を押さえておくようにしましょう。

ワンルームマンション売却を成功させるために最低限知っておきたいこと

1.査定価格の高いうちに売却したほうが良い

ワンルームマンションの査定基準には様々な要素があります。最寄駅からの距離や、部屋の位置、築年数などです。

これらは購入した時点で決定してしまっていることなので、売却の際に変更できるものではありません。築10年を区切りにだんだん評価額が落ちてくるので、少しでも高く売却するには、築年数を重ねないうちに、早めに売却をすることがポイントです。

当然ですが、ワンルームマンションは築年数が経つほど、評価額は下がっていくのが一般的です。景気が極端に上向いてくれば話は別ですが、理論上、一番高く売れるのは「今」ということになります。

東京でおすすめの業者を厳選
スピーディーな売却が可能な不動産会社を紹介

2.複数の会社に査定を依頼!比較することで見えてくる信頼性や対応力もチェック

ワンルームマンションを査定してもらう場合には、1社ではなく複数の会社に査定を依頼しましょう。たとえ信頼している業者があったとしても、1社に絞るのは危険です。

ワンルームマンションの査定方法は、不動産売却会社によって異なります。そのため、同じ物件でも査定額に数百万円ほどの差が生まれることもあります。最低でも3社には査定を依頼してみましょう。

ネット上には、複数の会社に一括で査定を依頼できるサイトもあります。簡易的な査定ではありますが、価格の目安を知る意味で利用してみてもいいでしょう。そこで、売却のイメージがなんとなくついてきたら、実際に不動産仲介会社を探してみた方が手っ取り早いでしょう。

ここで大事になってくるのが、できるだけ売却価格が高い業社を探すのではなく、信頼できる業者を探すということに重きを向けた方が良いということです。査定価格の提示が高い会社に依頼をしても、長い期間売れ残ってしまうというデメリットも生じてきます。査定価格だけに目を向けず複数の業者に査定依頼をして、ついた値段の根拠まで明らかにしてもらうことも大事になってくるのです。

3.不動産会社の実績をしっかりと把握する

次に大事になるのが、その不動産会社の実績もしっかりと把握しておくということです。

例えば、物件に関わらず同じ地域やエリアでの売却実績が多い、同じようなワンルームマンションの売却経験が多いということも調べておかなければなりません。特に、売却した物件のエリアでの売却実績が多い不動産会社であればスムーズに売却できる可能性が高くなってきます。

その理由に、その不動産会社が持っている顧客に物件を紹介できるからなのです。大きな広告を出す必要もないので費用も節約ができ、その浮いたお金がそのまま売却費用になることも考えられます。

とはいえ、売却した金額がそのまま全て本人に入るわけではありません。当然買い手を探してくれた不動産会社に仲介手数料という報酬を支払わなければなりません。この仲介手数料に関してもしっかりと把握しておくようにしましょう。

不動産一括査定サイトというものをうまく利用することで査定書価格が把握できるというメリットがありますし、他の不動産業者との比較もすることができます。

4.売却時の費用も考慮しておく

ワンルームマンションを売却する際には、費用がかかります。

不動産売却会社に支払う仲介手数料や、売買契約書に添付する印紙税、抵当権抹消に係る費用(司法書士への報酬も含む)、譲渡益が出た場合の所得税などです。支払いに漏れのないよう、仲介を依頼する不動産売却会社に確認してもらうようにしましょう。

マンション売却にかかる費用については、こちらのページで詳しく解説しています。

マンション売却にかかる費用について詳しく

マンション売却の注意点

  1. 事前にマンションのローン残債を把握する
  2. 媒介契約の種類を決める際は慎重にする
  3. 事前に懸念事項を潰せるか

ワンルームマンションの売却は、ファミリー向け間取りのマンションと比べて特殊

そもそも、バブル時期のワンルームマンションというのは20㎡以下の物件が非常に多く、さらに3点ユニットバスという不人気のタイプの物件が多く見受けられます。ですので、こういったタイプのワンルームマンションの売却にはかなりの苦戦が強いられてきます。

しかし、実際にこういったタイプのワンルームマンションでも、買い手の気持ちになればそう難しい話でもないのです。

ここで大事になってくるのが、この3つ。

  1. 購入後に手間がかからなさそうな物件…売却する際にきちんと一通りの修繕、リフォーム済
  2. オーナーチェンジ物件…高い家賃が取れている
  3. 空室リスクが低い物件…現在も住居中、長く住んでもらえそう、空室になってもすぐに住居者が決まるような部屋

これらをクリアしておけば売却も難しくはないということです。オーナーが一番懸念するのは空室のリスク。この空室のリスク一つで値段にも多少の差が出てしまうといっても過言ではないのです。やはり1円でも高く売りたいとなれば見た目を良くしておくというのも大事なことであります。

投資用ワンルームマンション・居住用マンションの売却のコツとは?

投資用のワンルームマンションを売却する際は、投資用の不動産の売買を多く取り扱っている不動産会社を選ぶとよいでしょう。

居住用のワンルームマンションを売却する際は、大手の不動産会社に限定せず、地域密着型の小さな不動産会社も選択肢にいれるとよいでしょう。