東京不動産売却GUIDE » 土地を売りたい!土地の売却ノウハウin東京 » 土地を売る時にかかる費用

土地を売る時にかかる費用

土地を売る際には、主に売却に必要な費用と税金の2種類の費用がかかります。成約した際は、売却価格からこれらの諸費用を引いた金額が手元に入ってくるので、チェックしておきましょう。

1.仲介手数料

上限:(売却額x3%)+6万円+消費税

土地売却の仲介を依頼した不動産業者に支払う手数料です。仲介手数料は、法律で上限が決められていて、1000万円の土地の売却を例にすると、1000万円x3% +6万円x1.1=最大396,000円の手数料がかかります。

業者によって金額は多少変わるものの、実際には上限額いっぱいの仲介手数料を取っている業者が大半。土地の売却は、不動産業者に依頼して買主を見つけてもらうのが一般的なため、ほんとどのケースで発生する費用と思っておきましょう。

2.抵当権抹消費用(ローンが残っている土地を売る場合)

1件につき1,000円

ローンが残っている土地を売却する際は、抵当権抹消費用が必要です。土地1件につき1,000円で、建物も一緒に売る場合は2,000円かかります。また、司法書士に抵当権の抹消を依頼した場合は、およそ1万円ほどの費用がかかります。

3.測量費用(売却時に測量が必要な場合)

35~45万円程度

土地境界が確定していなかったり、登記簿に記載された内容と異なっていた場合は、売出しを始める前に測量・境界測定を行います。費用は土地の広さによって変わりますが、相場は35~45万円ほど。また、測量には平均3、4ヶ月かかり、売出しの時期が遅れる可能性があるので頭に入れておきましょう。

土地の売却時にかかる税金

成約が決まったら、土地の売却には下記の税金がかかります。

売買契約時にかかる税金

  • 印紙税:48~200万円ほど
    売買契約書に添付する印紙代。金額は、売却価格によって異なります。
  • 登録免許税:売却価格の1.5%
    土地の所有件を移す際にかかる税金。

契約後にかかる税金

  • 譲渡所得税:税率15~30%
    土地の売却で利益が出た際に発生する税金。土地の所有期間が5年以下の場合は税率30%、5年以上の場合は税率15%。税金だけで見ると、長期で所有した土地を売却する方が有利です。売却した翌年の3/15までに支払います。
  • 住民税:税率5~9%
    土地の売却で利益が出た際に発生する税金。土地の所有期間が5年以下の場合は税率9%、5年以上の場合は税率5%。税金だけで見ると、長期で所有した土地を売却する方が有利です。確定申告後の5月以降、4回に分けて支払います。
参照元:イエウール(https://ieul.jp/column/articles/482/)
sumo(https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/baikyaku/bk_money/tochibaikyaku_hiyou/)