東京不動産売却GUIDE » 土地を売りたい!土地の売却ノウハウin東京 » 土地の相場を知るには?土地の売却相場が決まる基準を解説

土地の相場を知るには?土地の売却相場が決まる基準を解説

土地を売却する重要な条件が、適正価格で売り出すことですが、そもそも、適正価格とはどう決まるのでしょう?土地の価格の算出方法と、相場・評価額の調べ方をご紹介します。

土地の価格はどうやって決まるの?

不動産会社に売却仲介を依頼すると、土地の状態、周辺状況などを実際に訪問して査定してもらいます。

このとき各業者は、調べた土地の情報や、周辺環境の利便性、広さ、国土交通省が発表している公示地価などの相場をトータル的に見て「査定額」を算出しています。

実際の売り出し価格は、売主の希望額になることもありますが、この売り出し価格が、いかに適正価格であるかどうかが、早く土地を売る秘訣なのです。

素人では、なかなかここまでの査定ができないため、きちんとした価格を出す意味でも、不動産業者に仲介を依頼すると良いでしょう。

ですが、業者任せだけではなかなか高値では売れないことも!より有利な交渉をするためには、自分でも土地の相場を調べておきましょう。

土地を売るならココ!
土地売却でおすすめの業者を紹介

土地の相場の調べ方

1.ポータルサイトで土地の相場感を知ろう

SUUMOをはじめとする大手の総合不動産サイトでは、エリア別に全国の業者が売り出し中の土地情報が見られます。画像も掲載されているので、どんな土地がいくらで売り出されているのか、まずは相場感やイメージを掴みましょう。

2.「土地総合情報システム」で過去の取引価格を知る

実際に土地がいくらで売れたか、取引価格を調べるには、国土交通省が提供している「土地総合情報システム」がおすすめです。エリア別に検索すると、実際にいくらで取引されたか、過去数年分の取引データが詳しく調べられます。

3.「公示地価」で旬の相場を知る

公示価格とは、国土交通省が毎年公表している1㎡あたりの土地の価格のことです。不動産業者も査定時に利用しているもので、個人では「地価公示・地価調査検索システム」というサイトで調べられます。ただし、都市計画区域内外で設定されたエリアのみが対象なので、売却したい土地がエリア外の場合は、近隣の公示地価を参考にしましょう。

3.路線価を使って「評価額」を調べる

評価額とは、現在のその土地の状況なども加味された相場のことで、相続税や贈与税の算定基準にもされています。「財政評価基準書 路線価図・評価倍率表」というサイトを開くと、エリア別に評価額が見られます。地図にある「~C」という数字は、1㎡あたりの評価額(単位:千円)。350Cであれば、35万円/㎡になるので、土地の面積をかければ、評価額が求められます。

土地の売却相場を調べる方法について紹介します。(土地の価格は複数の基準で算出。立地や流通量、広さなど様々な要素から決定、評価額と言われる)