東京不動産売却GUIDE » マンションを売りたい!新築・中古マンションの売却ノウハウ » 転勤になった!マンションはどうするのがベスト?

転勤になった!マンションはどうするのがベスト?

マンションを購入後に転勤になったら、主に空き家、賃貸、売却の3つの方法があります。それぞれの方法のメリット・デメリットや、転勤のタイプ別におすすめの方法をまとめました。

1年以内に戻るなら…しばらく空き家にしておく

転勤後、確実に1年以内に戻るのであれば、空き家にしておくのが良いでしょう。

1年未満では借り手はなかなか見つからず、見つかったとしても、家賃はかなり安くなってしまいます。ただし、家の管理面では、空き家は最も家が傷みやすく、劣化しやすい方法。空き家にしている間は、住宅ローンや固定資産税、都市計画税なども発生し続けるので、そちらのコストも忘れずに計算しておきましょう。

3年〜5年で戻るなら…賃貸物件として貸し出す

転勤後、3~5年で確実に戻る予定がある場合は、賃貸が有力候補です。

売却してしまっても良いですが、賃貸需要が多い首都圏などであれば、借り手も見つかりやすく、家賃収入を得ながら、持ち家の維持(住宅ローンの返済)ができます。ただし、賃貸をする場合は、「定期借家」として貸し出すことを忘れずに。普通に家を貸すと、オーナーが転勤から戻ったとしても、正当な理由とは認められず、契約が更新されてしまいます。

また、定期借家として貸し出す場合は、住宅ローンを利用している銀行にも相談が必要です。住宅ローンは、一般の借り入れよりも金利が安くなっているため、勝手に家を貸し出すと、銀行との契約違反になる可能性があります。

不明な場合…売却物件として売り出す

転勤から戻るかどうかわからない場合や、借り手を見つけるのが難しい物件の場合は、売却するのが最善策です。

仮に借り手が見つからず、数年間、空き家になってしまった場合、住宅ローンや固定資産税を払い続けながら、転勤先での家賃も払うことになり、どれだけ耐えられるかが問題になってきます。

売却をすれば、住宅ローンの負担は減り、維持費もかからないため、資金的に余裕が生まれますね。移転先でマイホームを購入する選択肢なども増えるので、持ち家に縛られないのはメリットと言えるでしょう。

急遽、転勤が決まって迷ってしまったら…

転勤の際、持ち家をどうするか迷ったら、まずはどれくらいの期間で戻れるかを確認して、それに合わせて最も負担の少ない方法を選びましょう。賃貸をするにしても、家を売却するにしても、それなりの手間と時間はかかります。最近は、忙しい人へ向けて下記のサービスもあるので、まずは不動産会社に相談してみるのもひとつの方法です。

  • リロケーション(転勤者の留守宅管理賃貸)
    家主が業者と委託管理契約を結び、2~5年ほど自宅を貸し出しできる。家賃の10%の手数料はかかるものの、賃貸契約、家賃回収、空き家の管理も全て委託できるのがメリットです。
  • 買取サービス
    不動産会社が自社で物件を買い取ってくれるサービス。古い物件や狭小住宅など、通常の仲介売却では難しい物件にも対応していたり、最短、即日現金化ができるスピード感がメリットです。

すぐにマンションを売却したい方必見!
売却スピードが魅力の会社特集