東京不動産売却GUIDE » マンションを売りたい!新築・中古マンションの売却ノウハウ » マンション売却の流れ

マンション売却の流れ

一般的な不動産売却の流れ(マンション売却の流れ)を時系列にまとめて、それぞれを分かりやすく紹介しています。適切な価格で、適切なタイミングで売却できるよう、中古マンションや新築マンション、投資マンションなど売却したいマンションがある方はぜひ、チェックしてみてくださいね。

1.売却価格の目安を立てる

売却しようとするマンションの周辺地域での不動産相場や売却事例から、所有する物件に近い条件のものを探して、売却価格のおおよその目安を立てます。

2.不動産会社を探す

不動産売却の成功は、どの会社に依頼するかに掛かっていると言っても良いでしょう。当サイトなどの情報を参考にして、不動産売却に強く信頼できる業者を探します。

3.査定を依頼する

選んだ不動産会社にマンションの売却価格の査定を依頼します。査定額が高いほど良いわけではありませんが、平均的な査定額の相場を知るために複数社に依頼してみると良いかも入れません。
他社に比べて高すぎる査定額や、逆に低過ぎる査定額を出す不動産会社には注意が必要です。

マンションを高く・早く売りたい人必見!
無料査定可能!東京でおすすめの業者を厳選紹介

4.媒介契約を結ぶ

査定額や査定の内容、査定に至るまでの対応の姿勢などを総合的に見て、最も信頼できると認められる不動産会社と媒介契約を結びます。

媒介契約は、不動産会社が物件所有者の代理で不動産物件の売却活動を行うために必要な契約で、次の3種類があります。

  1. 専属専任媒介契約
    売却取引の全てを1社に委任する契約で、業者側には買い手を探すための努力と売主への活動報告が義務づけられます。売主が自分で買い手を見付けることはできません。
  2. 専任媒介契約
    売却取引の全てを1社に委任して、業者に売却活動と報告の義務が生じるのは専属専任媒介契約と同じですが、売主が直接買い手を見付けることができる点が異なります。専属専任媒介契約よりは業者の売却活動が少ないのが一般的です。
  3. 一般媒介契約
    複数の会社に売却の仲介を依頼することができます。幅広く物件情報が開示できるため買い手の目に付きやすい反面、業者に義務が生じないため売却活動が積極的に行われない傾向があります。

参照元:不動産情報HOME4U(https://www.home4u.jp/sell/faq/detail03)

5.売出し開始

不動産会社の出した査定価格を参考に、売出し価格を決定して物件の売却活動を始めます。売出し価格に売主の希望を反映させることが可能ですが、地域の相場と比較して高すぎる価格だと買い手が見付からないことがあります。経験豊富な不動産会社の担当者よく相談して、失敗しない売出し価格に設定しましょう。

6.購入申込者との交渉

購入希望者が現れると、物件売買の条件交渉が始まります。仲介をする不動産会社が売主と買主の間に立って双方の希望を調整するので、納得できる条件になるよう慎重に相談を重ねると良いでしょう。

7.物件情報の開示

購入希望者との条件交渉がまとまったら、売却する不動産物件の情報を正確に購入希望者に伝えます。ほとんどの手続きは仲介する不動産業者が行ってくれるので、気になる部分などがあれば正直に業者に伝えておくことが大切です。

8.売買契約の締結

全ての条件で売り主と買い主の合意が得られると、売買契約が締結されます。

9.物件の引渡し

不動産売却価格の残金の受け取りと同時に、物件の引き渡しが行われます。このとき不動産の登記申請も行います。

マンションを売却する理由、目的を明確にすれば、スムーズに

マンションなどの不動産売却には、必ず売る理由があります。住居として使用しているマンションを売り払ってしまう場合、次の住まいをどうするかという問題があります。まずは、売る理由が何かをしっかり整理しておきましょう。

たとえば家族構成の変化。子供が産まれたなど家族が増えて現在の住居が手狭になったための住み替えなら、次の住居は現在の住居より広いということが第一条件になります。

逆に家族が減ったり住み分けをするなら、コンパクトな住居の方が便利かもしれません。子育てのためなら公園や自然環境、教育機関が充実しているエリアへの引っ越しが良いでしょう。

そのように住み替えの目的を明確にするためにも、売る理由の把握が大切です。そうすることで、その後の自分たちの行動がより明確化してきます。

買い替え・住み替えの注意点

住んでいるマンションを売却して新しい住居の購入費用にあてたいという場合、購入と売却のどちらを先に行うのが良いのかという意外に難しい問題として存在することに気が付きます。予算に余裕があれば希望の住居を購入してからゆっくり旧住居の売却を行えば良いのですが、多くの場合は売却と購入を同時進行で進めることになるでしょう。

手軽な方法としては、売却を依頼する不動産会社に新居の手配も依頼することです。売却の依頼を受けた不動産会社は売り主の事情が分かっているので、無理のないスケジュールで売却と購入の両方を調整してくれます。

また売却の期間をある程度限定して、その期間内に売れなければ不動産会社に買取ってもらう「買取保証」付きの売却を利用するのも1つの方法です。