東京不動産売却GUIDE » 戸建てを売りたい!一戸建ての売却ノウハウin東京 » 戸建ての相場を知るには?戸建ての売却相場が決まる基準を解説

戸建ての相場を知るには?戸建ての売却相場が決まる基準を解説

今住んでいる家を売却したいと思っている人が最も気になるのが「この家は今ならいくらで売れるのか」ではないでしょうか。戸建ての価格には様々な条件による相場が存在します。

その「相場」がどのように決まるかを以下に説明します。

戸建ての売却相場が決まる基準

戸建ての建物は築年数が最大の決め手

広さや間取りも大切ですが、家の相場は築年数で大きく変わってきます。

家は建ったその時から価値が下がり始め、築5年で当初の7割、10年目には5割以下にまで下がるということは、国土交通省の調査から明らかになっています。その後下げ幅は緩やかになり、築20年で2割程度になって下げ止まりの形となりますが、実際には市場価値はほぼゼロになると考えて下さい。

参照元:すまいステップ(https://sumai-step.com/column/article/6876/)

土地価格は社会情勢で上下する

かつてのバブル景気の頃の異常ともいえる土地価格の高騰ほどではないにせよ、土地の価格は景気に左右されるものの一つです。ここ10年の間では2012年まで下降していましたが、2013年からは緩やかな上昇傾向にあります。平均値ですが、2013年と2018年を比較すると30%近く価格が上昇しています。建物の価格の下落割合と共に考えると、いつ売却すべきかは悩ましい問題です。

参照元:すまいステップ(https://sumai-step.com/column/article/2249/) 不動産情報HOME4Uhttps://www.home4u.jp/sell/juku/course/sell-25-10851

東京エリアの相場はどれくらい?

東京都と近隣県の家の売却価格の平均は、

  • 東京都…4,510万円
  • 神奈川県…3,558万円
  • 千葉県…2,411万円
  • 埼玉県…2,460万円

となっています。

参照元:すまいステップ(https://sumai-step.com/column/article/2249/)

東京都が突出して高いですが、1都3県の平均売却価格は大阪を中心とした関西4府県平均より1,000万円以上高くなっています。とはいえ、これらの数値はあくまでも平均値であり、実際の個々の相場は土地の立地条件と建物の状態で導き出されます。

自宅の相場を調べるには?

自宅の相場を知るには、土地であれば広さと立地、建物は築年数や間取りなどが似ている戸建てがいくらで売却されているかを調べるのがよい方法です。

インターネットには実際の取引事例を多く提供しているサイトや、項目を記入することで査定をしてくれるサイトなど、相場の情報取得に役立つサイトが多くあります。いくつかのサイトで試してみれば、ある程度の目安を立てることができるでしょう。

ただし実際には上記以外の要因が加わります。土地なら微妙な地型の違いや接面道路の状況、建物なら工法、設備の充実、管理維持の程度、デザインなどです。しかし、予めだいたいの相場を知っておくことは、不動産会社による実際の査定の場での交渉に役立つことは間違いありません。是非調べておきましょう。