東京不動産売却GUIDE » 戸建てを売りたい!一戸建ての売却ノウハウin東京 » 戸建ての売却流れ

戸建ての売却流れ

戸建てを売却する際、不動産会社に買主を探してもらう「仲介」を利用するのが一般的です。なんといっても大きな取引ですから、できるだけスムーズにいくように、実際にはどのような流れで売却に至るかを知ってから売却準備に取り掛かりましょう。

1.相場を知って、売却計画をたてる

家を売却すると決めたら、いくらくらいで売れそうかの目安を立てましょう。まずは、物件の周辺相場を知ることから始めます。この適切な売却価格を知るために、ネットで検索したり不動産会社に家の査定を依頼します。意外と価格に差が出ることもあるので、複数の会社に依頼した方が安心です。今はインターネットで査定をするサイトも多く、気軽に利用できます。

2.不動産会社を決め、仲介契約を結ぶ

仲介会社が決まれば、正式に契約を結びます。なお、仲介に関する契約は正式には「媒介契約」と言いますが、ここでは「仲介契約」とします。一社のみと契約し、全面的に任せる「専属専任」契約や複数社と契約する「一般」契約などがあります。

3.売却のための活動

不動産会社がチラシや不動産関係の各種サイトに家の情報を掲載し、買い手を募ります。

仲介契約の内容によって定期的に不動産会社から報告が入る場合もありますが、売主としても任せっぱなしにせずに積極的に不動産会社と連絡を取るようにしましょう。

また、購入検討者から内覧の希望が入ることを想定し、日頃から備えておくことも大切です。掃除が行き届いているだけでも印象はだいぶ違います。できるだけ早く、希望価格で売却するために努力を惜しんではいけません。

4.交渉がまとまれば売買契約締結

購入希望者が見つかれば具体的な交渉に入ります。売却価格、修繕や改修の要否や費用の負担について、引き渡しの時期、その他必要な項目をしっかり決め、双方が納得すれば売買契約を結びます。ちなみに交渉については不動産会社を介して行われます。せっかく不動産会社と仲介契約を結んだのですから、無用なトラブルを避けるためにも当事者同士での交渉は避けましょう。

家の売買は高額であることが多いので、売買契約時には、買主は売買代金の一部(一般的に5~10%程度)を手付金として売主に支払います。この手付金は、もし買主の都合で契約解除になればそのまま売主のものとなり、逆のケースには売主が倍額を買主に支払うことになっています。

参照元:すまいステップ(https://sumai-step.com/column/home-disposal/)

5.残金決済・引渡し

残金の支払いと同時に家の引渡しが行なわれます。買主がローンを組む場合は融資を行ける金融機関においてこれらの手続きが一度に行われます。同席した司法書士が不動産の所有権移転登記を行えば、名実ともに売却終了です。

すべての手続きが終われば不動産会社に仲介手数料を支払います。以上、仲介契約から売却完了までにかかる期間はだいたい6カ月ほどと言われます。希望通りに売却するために、余裕をもって準備に取り掛かるようにしましょう。ただ、思うように売れない場合は他の仲介以外の選択肢をとることを検討してみましょう。