東京不動産売却GUIDE » 不動産売却コラム » 不動産を売り出す際の基礎知識

不動産を売り出す際の基礎知識

こんな時代だからこそ、知っておきたい不動産売却のノウハウ、基礎知識を紹介します。初めて不動産売却をする方はぜひ参考にしてみてください。

不動産売却方法の種類を理解する

不動産の売却には、「仲介」と「買取」の2種類

簡単に言えば「買い手」が不動産業者なのか、そうではないか。この2つの違いについては、こちらのページで詳しく紹介しています。

仲介と買取の違いは?

その他、仲介で進めていたものの、売却できなかった際に買い取ってくれるサービスを提供している会社もあります。

不動産会社が設定した価格で買い取ってくれる、「買取保証」とは?

買取保証とは、一定期間内に物件が売れなかった場合、仲介に入っている不動産会社が設定した売り出し価格で買い取ることを言います。

一定期間内に必ず売らなければならないような場合に利用される制度であります。この買取保証を利用する場合、一般的には不動産会社が設定した査定金額より低くなってしまいます。必ず買い取ってくれるので売主側も安心できますが、買取金額に大きな誤差が生じる場合が多いので注意も必要です。

それと、必ずこの買取保証が使えるわけでもありません。不動産会社やその物件によっては対応も違ってくるので、買取保証を使いたい場合はその点もしっかりと確認するようにしましょう。

マンションや戸建てを売却した後も済み続けられる「リースバック」

リースバックとは、自宅を売却して現金化し、売却後もそのまま自宅に住み続けることができるサービスです。

こんな方におすすめ

  • 短期間でまとまった資金を調達したい
  • 金融機関からの借入債務・返済の負担を減らしたい
  • 滞納していた税金等を一括で支払いたい
  • 急な病気で医療費がかさみ、生活費が足りない
  • 老後の生活費が足りない
  • 定年退職後、年金暮らしで生活が不安
  • 子どもたちに平等に財産を残したい
  • 自宅を売りたいが、近所の目が気になる

売却予定の不動産価格を設定する際の注意

不動産を売却する際、まずは持っている不動産に値段を付けてあげなければなりません。一般的には、不動産会社が設定した価格に近い値段で売るのが一日も早く売るコツでもあります。

逆に、どうしても自分で設定した金額でないと売りたくないというのであれば、多少時間がかかると思っておかなければなりません。最悪の場合、いつまで経っても売れないということもありますので、不動産会社の言葉にもきちんと耳を傾けるということも、早めに売るためには必要となります。

  • 交渉することを考慮した上で価格設定する
  • 税金や、仲介手数料などの諸費用が意外に高額になる
  • 設定した売り出し価格で確実に売れるか保証はない

その不動産を購入したいという人もそれなりに購入希望額というのを設定しています。そのため、売り手の売り出し価格と買い手の購入希望額の差を解消して、販売価格が決定する場合もあるのです。

早く不動産を売却したい方は、買取をしている業者に依頼するとよいでしょう。

当サイトでは、賢く高く・早く・確実に不動産売却をできるおすすめの業者を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

確実に不動産を売却するならココ!
東京でおすすめの不動産会社

不動産会社が行う販売活動にはどんなものがある?

不動産会社が行う販売活動とは一体どういったことなのでしょうか。具体的なところから言いますと、「指定流通機構への登録」、「広告への掲載」、「オープンハウスの開催」などが挙げられます。これらについてもう少し詳しく説明していきたいと思います。

指定流通機構への登録

指定流通機構とは、宅地建物取引業法に基づき国土交通大臣が指定した不動産流通機構で、不動産会社の間で物件情報を交換し合うものであります。この指定流通機構には全国各地の不動産会社が参加していますので、売りに出している物件は全国の不動産会社にも共有されているということになるのです。

広告への掲載

新聞の折り込み広告、インターネット広告、ダイレクトメールなど、不動産会社は集客活動も行います。ここで注意が必要なのですが、この不動産広告にも限度というものが存在してきます。これを「不動産の表示に関する公正競争規約」と言うのですが、これには適正な広告の表示基準というものが定められているのです。要するに、誤解を招くような表現や言語を制限しているということです。「不動産の表示に関する公正競争規約」に反した広告でないかの確認も、売主本人できちんと確認をしなければならないのです。

オープンハウスの開催

誰でも気軽に売りに出している物件を見られるというのが、オープンハウスのメリットとなります。誰でも気軽に見られますので、不特定多数の人に物件を見てもらえるということなのです。それだけ間口も広くしておけば、買い手が見つかる確率も非常に高くなるということにもつながります。それと、購入希望者もわざわざ予約を取って見に行く手間も省けるというメリットもあります。