東京不動産売却GUIDE » 不動産売却コラム » マンションを売却するのと賃貸にするのはどっちがおトク?

マンションを売却するのと賃貸にするのはどっちがおトク?

住む予定のない(なくなった)手持ちのマンションを売るか、賃貸にするかは悩ましいところです。ここでは、売却のメリット・デメリット、賃貸のメリット・デメリット、売却したほうがいいケース、賃貸にした方がいいケース別にまとめてご紹介します。

個人の事情、経済的問題、マンションそのものの状態などから、どちらがいいかを考察してみましょう。

売却のメリット・デメリット

メリットはなんといってもまとまった現金が手に入ることです。居住していたマンションであれば税制優遇がありますし、ローンの返済に充てれば債務がなくなります。また、コスト(固定資産税、管理費、メンテナンス費)が今後一切かからなくなるのも魅力です。

一方デメリットは売れるかどうか分からないということ、加えて思い通りのタイミングや値段で売れるかも不透明ということです。

賃貸のメリット・デメリット

メリットは賃借人があれば定期収入が入ることです。コストはかかりますが、経費に計上できるので節税になります。また、資産として持つことでなにかと安心できます。

デメリットとしてはまず空き室のリスクがあること。借り手がいなくてもコストは変わらずかかってくるので、負担がより重く感じられます。逆にいざ自分がそこで住みたいと思っても、賃借人がいると簡単に解除できないという問題も生じます。

マンションを売却すべき場合

ローンなどの債務をまとめてなくしたい人は、売却すべきでしょう。相続したマンションも、相続人の誰も住まない場合や、相続税の納付などでまとまった現金がいる場合は売りに出すことになるでしょう。

また、マンションの状態として、駅から遠く、周りに大きな会社や学校がなく、定住に適した地域に建っているという立地や、専有面積が広い物件は借手が付きにくいので売却の方がお勧めです。さらに築年数が古いと、賃貸ではリフォームコストまでかかってきます。

マンションを賃貸すべき場合

上記と逆の立地であったり、単身者や夫婦で住むのに程よい広さであるマンションは借り手に人気があり、空き室になりにくいので賃貸を検討してみてもよいでしょう。高い利回り率が見込めるマンションであれば、長期的にみれば売却より利益が出ることもあるうえに、資産として残せます。

また、転勤などでいずれ戻ってくる場合も賃貸がお勧めです。ただし、戻ってくる時期がある程度分かっているのであれば、必ず定期借家契約(賃貸借の期間を予め決めておく契約)にしておきましょう。

まとめ

マンションの売却と賃貸はどちらが得なのかは総合的な判断が必要ですが、もしとりたててまとまった現金が必要というのでないのであれば、上記を参考に、賃貸、売買、管理を総合的に扱う不動産会社に相談してみてはいかがでしょうか。