東京不動産売却GUIDE » 不動産売却コラム » 土地は売るか、貸すか、どっちがおトク?

土地は売るか、貸すか、どっちがおトク?

相続した土地を面倒だからとそのまま放置していませんか?更地だと固定資産税が高くなりますし、不法なゴミ放棄や犯罪が起きるなど近隣で問題になることもあります。せっかくの資産ですから有効利用をしたいものです。その場合、売るのと貸すのとではどちらがお得か、比較してみました。

土地を売る場合のメリット・デメリット

自宅から遠く離れ、いずれその土地に家を建てる予定などがないのであれば売ってしまうのも手です。

売ることでまとまった現金が手に入ります。所有者でなくなるので固定資産税ももうかかってきません。管理責任からも逃れられます。このように金銭的なメリットが特に大きくなります。

しかし、同時に売却にかかる費用(仲介手数料、印紙税や所有権移転登記の際の登録免許税など)が必要ですし、さらに所得税、住民税がかかってきます。相続した土地なら一定の要件を満たせば控除の特例がありますが、そうでなければそれなりの税額になります。

また売り時を図るのが難しい、売りたいときに買い手が見つかるか分からないというところもデメリットとなります。

土地を貸す場合のメリット・デメリット

土地を貸すと長期的に安定した収入が見込めます。また住宅用として貸すなど一定の要件の下では節税効果があります。売る場合と同様に管理も不要になります。賃貸方法として土地のままで、駐車場や資材置き場として、或いは収益物件を建てて賃料収入を得るなど事情に応じて様々な方法が選べるのも魅力です。

しかし、一旦借地契約を結ぶと貸主からの解除が難しい、収益物件だと賃料収入が上がらずかけたコストを回収できないおそれがある、駐車場などでは節税効果がないなどのデメリットがあります。

まとめ

とにかくまとまったお金が必要な人は売却しか選択肢はないといえますが、そうでなければやはり立地が一つの目安となります。

閑静な住宅地であれば、賃貸より購入を求めている人が多いでしょうから売る方がスムーズでしょう。都市圏の駅近であれば、資金が許せば賃貸マンションを建てても良いでしょう。郊外であっても幹線道路沿いなら店舗やテナント用として需要がありそうです。

しかし地方の場合だと、ひと頃は太陽光発電用土地の需要がありましたが、今は賃貸の借手を見つけるのはなかなか難しい状況です。そうであれば税金や経費支払いをなくすために売却を選択した方が良いでしょう。売れるかどうかという問題はありますが、現地でどんなニーズがありそうか、まずは不動産会社に相談してみるのがお勧めです。