東京不動産売却GUIDE » 不動産査定ができるサイト一覧

不動産査定ができるサイト一覧

ここでは、不動産査定の一括サイトについてまとめてご紹介します。また、一括サイトを利用する際に注意しておきたいこと、デメリットについても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

東京の不動産査定サイト一覧

  1. マンションナビ…マンションごとの売却査定価格がわかる
  2. イエウール…最大6社への一括見積査定が可能
  3. HOME4U(ホームフォーユー)…NTTデータグループが運営している不動産の総合サイト
  4. スマイティ…カカクコム株式会社が運営している一括査定サイト
  5. リガイド…独自審査を通過した会社のみ登録
  6. イエカレ…最大8社へ一括見積査定が可能
  7. ハウスル…最多10社へ一括見積査定が可能
  8. すまいValue…小田急不動産をはじめ、最多6社への見積もり査定が可能
  9. ライフルホームズ…名前や連絡先を不動産会社に知らせず、匿名で査定が可能
  10. 不動産査定エージェント…全国438社へ無料一括査が可能(※2020/9/1時点)
  11. 楽天不動産…1500社以上と提携、売買・賃貸物件情報の発信している(※2020/9/1時点)
  12. ふじたろう…人工知能によって相場を算出
  13. アットホーム…最大20社へ一括見積査定が可能
  14. スモーラ…土地、家、マンションなど5種に対応。最大9社へ一括見積査定が可能
  15. いえらぶ…査定依頼時に仲介か買取の選択可。最大6社へ一括見積査定が可能

不動産一括査定のデメリット

複数社に一度に査定依頼できるのはとてもメリットですが、裏を返せば、複数社から一度に営業の連絡が来るということでもあります。査定依頼をだした分やり取りが増えます。また、それぞれの会社の査定額が異なるため、正しい判断が難しいでしょう。

高額査定=売れる金額ではない

一括査定で注意したいのが高額査定は売れる金額ではなないということ。少しでも高く売りたい売主側からすれば、高額査定をしてくれた会社に決めたくなりますが、その査定価格は相場と比べて適正ですか?その価格の根拠は明確ですか?

「一括査定で1番高い査定額の会社に依頼してみよう」は危険

中には、媒介契約を結びたいがために相場より高い査定額を提示する業者もいます。他と比べてやけに高額な金額を提示された場合は注意しましょう。

相場以上の価格で預かる、高預かりに注意

媒介契約を結び、売れないからだんだんと下げていく…、結果いつのまにか他の査定価格と変わらない、それよりも価値がさがることも起こりえます。高預かりされて損するのは売主です。一括査定をする際は、くれぐれもご注意を。

参照元:東宝ハウス品川(https://www.toho-shinagawa.jp/intro/newspaper01.pdf)

買取査定は、買取り業者が買取るため、確実に売れる価格

一括査定を利用せず、仲介ではなく、買取業者に直接買い取りを依頼すれば、業者が買い取る為、こういった罠にはまることはありません。

当サイトでは、買取を行っている東京でおすすめの業者を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。