HOME » 不動産売却・物件別の会社選びのポイント » ワンルームマンションの売却

ワンルームマンションの売却

ここでは、ワンルームマンションを売却する際に押さえておくべき基本的なポイントを解説しています。

ワンルームマンション売却の際に知っておくべきこと

ワンルームマンションを売却する際には、以下3点の基本事項を押さえておくようにしましょう。

1.査定価格の高いうちに売却したほうが良い

ワンルームマンションの査定基準には様々な要素があります。最寄駅からの距離や、部屋の位置、築年数などです。

これらは購入した時点で決定してしまっていることなので、売却の際に変更できるものではありません。少しでも高く売却するには、築年数を重ねないうちに、早めに売却をすることがポイントです。

当然ですが、ワンルームマンションは築年数が経つほど、評価額は下がっていくのが一般的です。景気が極端に上向いてくれば話は別ですが、理論上、一番高く売れるのは「今」ということになります。

2.複数の会社に査定を依頼する

ワンルームマンションを査定してもらう場合には、1社ではなく複数の会社に査定を依頼しましょう。たとえ信頼している業者があったとしても、1社に絞るのは危険です。

ワンルームマンションの査定方法は、不動産売却会社によって異なります。そのため、同じ物件でも査定額に数百万円ほどの差が生まれることもあります。最低でも3社には査定を依頼してみましょう。

ネット上には、複数の会社に一括で査定を依頼できるサイトもあります。簡易的な査定ではありますが、価格の目安を知る意味で利用してみてもいいでしょう。

3.売却時の費用も考慮しておく

ワンルームマンションを売却する際には、費用がかかります。

不動産売却会社に支払う仲介手数料や、売買契約書に添付する印紙税、抵当権抹消に係る費用(司法書士への報酬も含む)、譲渡益が出た場合の所得税などです。支払いに漏れのないよう、仲介を依頼する不動産売却会社に確認してもらうようにしましょう。


ワンルームマンションを売却する際には、仲介会社を選ぶ必要があります。

多くの仲介会社の中から1社を選ぶのはとても難しいことですが、選ぶ際の基準としては、高額で売却した実績が豊富か、売却・資金課までがスピーディかどうか、などの点を視しておくと良いでしょう。

東京の不動産売却会社BEST3

1
オフィスパートナー

常に相場より高値での不動産売却を目指している。購入希望者と直接交渉し、売り手と買い手の希望を汲み取ってすり合わせてくれるため、実際の売却額も相場より高めのケースが多い。

2
レッツクリエイション

売り手の希望に合わせて、3種類の売却コースを用意している。リフォーム・リノベーション後の売却にも対応。

3
住友不動産販売

全国に250を超える店舗を持つ大手不動産業者。仲介業者でNo.1の実績は信頼度が高い。