HOME » 不動産売却・物件別の会社選びのポイント » 土地の売却

土地の売却

ここでは、土地を売却する際に知っておきたい基本的なポイントを解説しています。

土地売却の際に知っておくべきこと

土地売却を検討中の方は、以下の4点をしっかり押さえておきましょう。

1.土地の相場を知る

まずは、ご自身が売却を検討している土地の相場を知る必要があります。正確な相場は分からなくても、大体の見当だけでもつけておきましょう。

インターネット上で最低限の相場を知ることができるので、ぜひ活用してみてください。

  • 土地の評価額を知りたい場合…全国地価マップ(資産評価システム研究センター)
  • 取引価格に関する情報を知りたい場合…土地総合情報システム(国土交通省)

2.査定を複数の不動産売却会社に依頼する

不動産の査定基準は、不動産売却会社によって異なります。少しでも有利な価格で売却するためには、1社ではなく複数の会社に査定を依頼することが大事です。

最終的には担当者に足を運んでもらい、厳密に土地を査定してもらう必要がありますが、急ぎの必要がない場合や売却プロセスの初期段階の場合ならば、ネット上から申し込める簡易的な査定でも十分でしょう。様々な会社が無料で簡易査定サービスを用意しています。

3.土地を綺麗に保つ

更地であれば査定額は全く同じ、というわけではありません。何年も放置している土地の場合には、雑草が生い茂っていたり、ゴミだらけであったりすることもあるかも知れません。

たとえ汚れていても土地の価値に変わりはありませんが、場合によっては価格減額交渉のネタにされる可能性もあるので、できる限り綺麗な状態にしておくようにしましょう。

少々の出費はありますが、専門業者に依頼して土地を綺麗にしてもらうことも考えておくといいかもしれません。

4.売却する際にかかる費用

土地を売却する際には、費用がかかります。主な費用としては以下の通りです。

  • 仲介手数料
    不動産売却会社に支払う仲介手数料です。手数料には法律上の上限があり、同一の計算式が適用されます。
  • 一括繰り上げ返済に係る手数料
    土地を購入する際のローンが残っている場合で、かつ残債を一括で返済する場合には、繰り上げ一括返済に係る手数料が発生します。
  • 不動産譲渡所得税
    不動産の売却によって利益が生じた場合には、その利益に対して所得税が課されます(確定申告が必要)。
  • 抵当権抹消登記の免許税
    土地に抵当権がついている場合は、これを抹消するための税金がかかります。
  • 印紙税
    売買契約書には印紙が必要となります。