HOME » 不動産売却・物件別の会社選びのポイント » アパートの売却

アパートの売却

ここでは、アパートを売却する際のポイントについてまとめています。

アパート売却の際に知っておくべきこと

アパート1棟を売却する際におさえておきたい最低限のポイントは、以下の4点です。よく確認しておきましょう。

1.アパート1棟の査定は案外難しい

アパートの査定額は、一般住居の査定とは違って、簡単に金額が出るものではありません。なぜならそこには、「将来の収益性」、つまり利回りが絡んでくるからです。

アパートの地域、築年数によっても査定額には大きな幅があります。利回り10%でも十分というアパートもあれば、15%でも低いというアパートもあります。

買主が投資家である以上、想定利回りが物件価格に与える影響は非常に大きいと心得ておきましょう。

2.高い査定が付くアパートの条件とは

アパートの売買は投資対象の売買ということになるため、将来の利回りが少しでも高く想定される物件ほど、査定価格も高くつきます。

具体的には、過去・現在・将来見込まれる入居率、賃貸需要の伸び、高い家賃を取れる正当な理由などです。

ただし、どれだけ高い入居率を示していたとしても、家賃滞納が多い物件の場合は、査定のマイナス要因となります。アパート住人に連帯保証人がついているかどうかも、査定に影響を与えてきます。

3.古い物件だからといって買主が敬遠するわけではない

アパートは、築年数が古いからと言って売れにくいというわけではありません。なぜなら、そこには減価償却に関わる大きな節税効果が期待できるからです。

木造アパートの減価償却期間は22年です。そのため、築23年以上の物件の場合であれば、最短4年で減価償却をすることができます。これは買主にとって、大きな節税効果をもたらします。

この節税効果を狙って、むしろ古いアパートを物色して購入し続ける投資家もいるほどです。

4.アパート売却時にかかる諸費用

アパートを売却する際には、もちろん売却代金という収入もありますが、一方で様々な費用も発生します。

具体的には、仲介会社に支払う手数料、金融機関に支払う一括繰り上げ返済手数料(ローン残債があり、かつ一括返済をする場合)、売却によって生じた譲渡益に対する税金(所得税と住民税。ただし、利益が生じた場合)、印紙税などです。


アパートを売却する際には、他にも様々なポイントがあります。アパートを含めた収益物件の査定は特殊で難しいため、売却を検討している方は、専門の不動産売却会社に査定を依頼しましょう。

売却会社を選ぶ際には、高額での売却実績が豊富な業者がおすすめです。また、不動産売買はスピード勝負の一面もありますので、対応がスピーディな業者を選ぶようにしましょう。

東京の不動産売却会社BEST3

1
オフィスパートナー

常に相場より高値での不動産売却を目指している。購入希望者と直接交渉し、売り手と買い手の希望を汲み取ってすり合わせてくれるため、実際の売却額も相場より高めのケースが多い。

2
レッツクリエイション

売り手の希望に合わせて、3種類の売却コースを用意している。リフォーム・リノベーション後の売却にも対応。

3
住友不動産販売

全国に250を超える店舗を持つ大手不動産業者。仲介業者でNo.1の実績は信頼度が高い。