HOME » 不動産売却はじめてガイド【マンション編】 » 少しでも高く売るには

少しでも高く売るには

マンションを高く売るためのコツを大公開!部屋別にしておきたいことや売出から成約までの日数、売却のタイミングなど情報盛りだくさんです。

1円でも高くマンションを売却するためのコツ

マンションを売却するには、購入希望者(買主)に住みたいと思わせるようなテクニックが功を奏すこともあります。そうしたテクニックの一例を、いくつか紹介してみましょう。

部屋別のチェックリスト

マンション売却が上手くいくかどうかは、購入希望者の第一印象で決まることもあります。買主が見学に訪れたとき、第一印象を良くするためのコツをまとめてみました。

【玄関】
見学に訪れて最初に目に付く場所なので、傘や靴が放置されていないように、隅にごみや泥がたまっていないように注意します。三和土は特に綺麗に水ぶきしておくと、印象がぐっと良くなります。

リビング・ダイニング】
できるだけ部屋を広く見せるように、余計なものは片づけて広々した印象を演出します。

【キッチン】
特に匂いに注意します。生ゴミなどが置かれていないように、汚れているものは一時的に見えないように退避させておいても良いでしょう。シンクやガスコンロは綺麗に磨き上げておくと、清潔なキッチンの印象が強まります。

【浴室・洗面】
カビや水あかは丁寧に掃除して、取り除いておくことが必要です。掃除の後は古いタオルなどで水分を綺麗に拭き取っておくと好印象です。

【トイレ】
トイレの臭いは誰でも嫌がるものなので、消臭剤や芳香剤を利用し、臭いが気にならないようにします。床の隅や手洗いの水あかなど、普段は見落としてしまうようなところも丁寧に掃除しておきます。

【ベランダ】
ベランダに物を置いていると印象が悪くなります。見学の当日には、ベランダに何も物を置かないように気を付けます。

【窓ガラス】
窓ガラスは綺麗に拭いておきます。網戸が汚れていると大変みすぼらしい印象を与えてしまうので、綺麗に掃除するか張り替えてしまうのが良いでしょう。

【収納】
収納は部屋を決めるときの大きなポイントにもなり、特に女性が気にする部分です。中には開けて見たがる人もいるでしょうから、内部も綺麗に整頓しておいた方が良いでしょう。

【換気扇や照明】
ほこりが溜まっていたら綺麗に掃除しておきます。照明が暗いと陰気なイメージを与えてしまうので、蛍光灯が古くなっていたら新しいものと交換しておきましょう。

オープンハウス・リノベーションという選択肢も

マンションは外から見ただけでは解らないので、積極的にオープンハウスを開催して多くの人に部屋を見てもらう努力も必要でしょう。
不動産売却に慣れた業者ならオープンハウスの日に合せて事前に上手な集客を行ってくれるので、1日でたくさんの購入希望者に見学してもらうことができます。オープンハウスで契約が決まることも多いので、面倒がらずに活用することがおすすめです。

また、古い物件は中々買い手が見付からないことも少なくありません。いつまでも物件情報がさらされたままになっている売却物件は、情報としての鮮度を失って良い購入者を見付けることが難しくなってしまうので、思い切ってリノベーションを検討することも有効な手段です。

リノベーションとは、部屋の間取りから内装・設備の全てを一新して新築物件同様にして売り出す方法。中古のイメージが無くなることで価格も高く設定することができる上、買い手が早期に見付かる利点があります。
リノベーションを行う場合は、リノベーション物件の取り扱いが多い不動産業者を選ぶと良いでしょう。

売出しから成約までの日数

東日本不動産流通機構(レインズ)の最新データから、直近の13期における中古マンションの登録から成約に至る日数の動向を見てみましょう。

集計年月 成約日数 前年比
2010年7~9月 64.4日 -6.8%
10~12月 63.2 -2.4%
2011年1~3月 66.7 3.6%
4~6月 65.3 1.9%
7~9月 68.2 5.9%
10~12月 69.7 10.4%
2012年1~3月 74.8 12.1%
4~6月 76.3 16.8%
7~9月 78.9 15.7%
10~12月 78.6 12.7%
2013年1~3月 84.4 12.8%
4~6月 83.0 8.8%
10~12月 77.5 -1.8%

2012年度まで、明らかに成約までの日数が増えていたことが上の表からわかります。ただ、2013年度の1月から3月期をピークに直近の6ヵ月では、登録から成約に至るまでの日数が減少傾向を見せていることが読み取れます。

首都圏の中古マンションの成約件数においても上昇傾向が見られることから、中古マンション売却の動向はやや活発になり始めていると考えて良いでしょう。

売出しのタイミング

マンションを高く売却するためには、売出しのタイミングにも配慮することが必要です。

売出しに最も良い時期は、不動産取引の件数が年間で最も盛んに行われる4月と10月のピーク時です。不動産取引のピークには普段より多くの購入希望者が集中しているため、より多くの購入希望者の目に物件が触れやすいメリットがあります。

しかし、住居用に使用しているマンションの売却には住み替えの手配が付きものですから、今がピークというときに動き始めても機を逃してしまうでしょう。ピークに合せて売出しを開始するためには少なくとも3ヶ月前、できれば半年くらいの余裕を持って臨むのがベストです。

4月のピーク狙いなら前年の11月から、10月狙いなら5月くらいから準備を始めると、間違いなくピーク時の売出しが可能です。

東京の不動産売却会社BEST3

1
オフィスパートナー

常に相場より高値での不動産売却を目指している。購入希望者と直接交渉し、売り手と買い手の希望を汲み取ってすり合わせてくれるため、実際の売却額も相場より高めのケースが多い。

2
レッツクリエイション

売り手の希望に合わせて、3種類の売却コースを用意している。リフォーム・リノベーション後の売却にも対応。

3
住友不動産販売

全国に250を超える店舗を持つ大手不動産業者。仲介業者でNo.1の実績は信頼度が高い。