HOME » 不動産売却はじめてガイド【マンション編】 » 相見積りの必要性は?

相見積りの必要性は?

不動産を売却しようと思った場合、必ず行いたいのが相見積りです。その必要性についてご紹介します。

そもそも相見積りとは?

相見積りとは複数の不動産会社に依頼をし、見積りを出してもらうことをいいます。評価の高い不動産会社に対してだけ見積り依頼すればよいのでは?と思うかもしれませんが、これでは売却相場がわからないのです。

 

インターネット上でも築年数や家のタイプ、地域などを入力することによってある程度家の売却相場をチェックできますが。しかし実際の価格については、きちんと見積りをとってみなければわかりません。

 

例えば、不動産会社の人から「一般的な相場は2,000万円くらいですが、うちなら2,500万円で売り出せますよ!」と言われると、かなりお得な気がしますよね。

 

しかし、その不動産会社のいっていることが正しいとは限りません。下手をすると相場は3,000万円くらいで実は500万円損をしている可能性もあるのです。

 

相見積りで複数の不動産会社に対して見積りを依頼すれば、その平均値をチェックすることにより本当の相場がわかるでしょう

 

それだけでなく、各業者で対応にも大きな違いがあります。不動産の売却ではかなり大きな金額が動くことになるので、信頼できるところと契約をしましょう。

 

複数の不動産会社から相見積りをとり、見積りが届くまでにかかる時間や対応についてもチェックしてみると自分にとって最も理想的な不動産会社探しができます。

 

注意しなければならないのが、相見積りを出す場合に、あまりにも多くの会社に依頼してしまうと管理しきれなくなる可能性があるということ。

 

最低でも3社には見積りを依頼し、それ以上については自分が管理できる数に押さえておきましょう。売却の依頼をする際に、1社ずつ連絡する必要はありません。というのも、便利な一括査定サービスがあるからです。

 

そういったものを利用すれば面倒な入力情報は一度で済むので、時間がないから相見積りは面倒…と思っていた方でも利用しやすいでしょう。

 

相場よりも安い金額で売ってしまった…と後悔している方の多くが相見積りをしていない傾向にあるようです。不動産売却の際にどれくらいの金額が期待できるのかは、素人にはなかなかわからないものです。複数の不動産会社に相談することが必須だといえます。

何故、査定額に大きな開きが出てしまうのか

不動産を売却する際に査定額に開きが出てしまう原因は、会社により査定基準や重視している項目が違うからだと言えます。

自動車でも新しい車を買うときに今まで乗っていた車をディラーに売ると査定額を提示されますが、これを複数のディーラーに依頼しておくと査定額も微妙に違うものになります。

これが不動産でも同じことが起こるのです。

しかし不動産は車よりもさらに高額なものでそのような差額出てくると、◯百万円単位の差額になってしまうことも。

その理由は単に査定基準や重視している項目が違うからだけではありません。

不動産業者は会社ごとに得意としている分野が違うからです。

では不動産業者の分野をざっと分けていきましょう。

新築販売

街の不動産の展示場やモデルルームを解放しているような新築の家を建てる方を対象としている不動産業者です。

新築を販売しているだけあって、住宅建設に強い不動産業者です。

マンション管理会社

文字通りマンションを管理することを専門に行っている不動産業者です。

賃貸マンションや分譲マンションの販売・貸し出し・管理などに手続きに特化した不動産業者です。

デベロッパー

街の都市開発や企画を立て、新しい街つくりをしていく不動産業者です

マンションをはじめ、オフィスビル・商業施設・レジャー施設など大きなプロジェクトを行う不動産業者です。

賃貸仲介

賃貸マンションや賃貸アパート、借家などを専門に行う不動産業者です。

みなさんが不動産屋と言われてまず想像するのが、こちらではないでしょうか?

街のオフィスを構え来店したお客様に希望の条件の賃貸借家を貸し出すことを主に行っています。

売買仲介会社

そしてこちらが今回のテーマ不動産売却を得意とする不動産業者。

不動産の買取と売却を行うとともに、不動産の売却査定が得意な不動産業者です。

以上医者ごとに得分野があるのと同じように、同じ不動産屋でも得意分野が細分化されています。

今回の場合は不動産売却が目的なので、売買仲介会社を選択しなければなりません。

他の分野の不動産屋を選択してしまった場合、価格査定に不備が出てしまう恐れがあります。

やはり不動産の査定というのは慣れている業者が行わないと、正規の値段を算出することは難しいのです。

その上でも不動産屋の選択は最も重要な項目です。

査定額が高いだけで依頼する業者を決めるな

無事に一括査定を利用して不動産の売却査定金額が提示されてきたらあなたはどうしますか?

とりあえず一番高額な査定金額と低額な査定金額を見比べるのではないでしょうか?

このとき査定金額が高い会社が良くて査定金額低い会社が悪いというような決めつけは大変危険です。

査定金額が高い会社と平均価格の開きがどのぐらいあるのか確認しておきましょう。

査定金額の開きがあるときは要注意

今回査定する対象物件がないのでどのぐらいの金額と具体的な価格は提示できませんが、20%〜30%の開きがあった場合、正規の価格ではない可能性があります。

上記で不動産屋には得意分野があるので金額の開きが出てしまうと話しましたが、その開きはせいぜい3%〜5%といった感じが通常です。

そのことから他の業者よりも高額になり過ぎている不動産会社は虚偽の金額を提示している可能性が考えられます。

理由として不動産仲介業者は、当たり前ですがボランティア団体ではないので会社の売り上げをあげることが第一です。

そのことから一件でも多くの媒介契約を結び、報酬による売上を多くしていきたいのです。

そのためには他社よりも高額な査定金額を提示して、売却者の目を引く必要があります。

高額な金額を提示すれば知識がない人が食いついてくるのは当たり前の状況になっているのです。

しかし不動産売却というのは査定金額が高額でも、それが売却者の収入になるわけではなく、査定金額=売却価格とはならないのです。

不動産というのは仲介業者が買い取ってくれるのではなく、購入者が現れた段階で初めて売買が開始されるのです。

査定額が高いからといって同じようなマンションよりも高額な金額で売り出されていたら、購入者は別の物件に流れてしまいます。

価格設定が高く購入者がなかなか出てこない物件というのは、その金額で販売し続けることは難しく、価格を下げなければなりません。

価格を下げれば、その分購入希望者も増えるでしょうが結果的に他社の査定額と変わらなくなってしまうか、なかには低くなってしまうという現象が起こる可能性があります。

高く売れそそうだからその不動産屋にしてしまうという安易な考えを持つよりも、後先の状況も考えてまずはそのような高額な査定金額に何故なってしまっているか疑いの目を向けるようにしていきましょう。

相見積していることは口外しない

相見積を行い各不動産業者に見積を提示させる際は、査定額を全体的に上げていくために相見積もりしていることを各業者に伝えた方が良い気がしませんか?

しかしその行動は後に売却者に首を絞めてしまうことにも。

ブランド品を売るときには各買取業者のお店を回って、それぞれが提示してきた金額を伝えると、買取査定金額を上げてもらえることもありますが、不動産でこのような全体的に査定金額を上げようとすると、とりあえず金額は上がっていますが、その金額でそのまま売れるとは限りません。

上記でも話しましたが不動産は買手が現れ初めて売買が開始されます。

価格が高くなり過ぎて買手が現れなくなってしまうと、自分の元にお金は一銭も入りません。

そのことから業者を煽って査定額を釣り上げるよりも、正規査定金額の中から業者を選ぶ方が、売却できる可能性が上がるのです。

不動産屋も売上を上げるために魅力的な物件ならば媒介契約を結んでおきたいものなので、他社よりも高い金額を提示したいと思ってしまいます。

その心理を逆手にとって行動することは一つの手段といえますが、正規の価格設定を見失わせてしまったら、自分の不動産売買の影響を及ぼす恐れがあるので注意が必要です。

大手の不動産業者が良いとは限らない

相見積をすることになったら複数の不動産屋を選択していくことになりますが、その段階で重視することは実績がある不動産屋であるか否かということではないでしょうか?

そこであなたならどのような不動産屋を探しますか?

多くの人は有名かつ、大手の不動産屋から調べていくと思います。

理由として大手で有名な不動産屋だと扱っている顧客も多いし、実績もありそうだいう先入観を持っているからでしょう。

確かに大手になっているということは、長年の実績が認められて会社が大きくなったということです。

しかし不動産というのは、全く同じものなど存在しなく、一つひとつが唯一無二の商品なのです。

そのことからどのような不動産屋でも良い物件を持っている可能性がありますし、立場は対等なのです。

不動産屋を売却する際に肝心なのは仲介業者の規模大きさよりも、担当者の力が非常に重要になります。

あなたが不動産を売却する際に重視した方が良いのは、良い担当者に巡り会えるか否かです。

小規模な不動産屋であっても、良い物件と担当者のプレゼン能力が高ければ購入意欲は湧きますし、大規模な不動産屋というブランド力があっても能力が低い担当者ならば購買意欲を奮い立たせることはできません。

不動産の売却を目標にするならば、会社の名前ばかり重視するのではなく大きい不動産屋から小さな不動産屋まで試しに相見積も提示させて、各不動産屋と話し合いの場を持たせるという効果も相見積もりにはあるのです。

(検証)見積もりの対応を調査

相見積もりの大変さや、実際にやってみてわかったことを調査するまで、今回は、実際に3社に見積もり依頼をかけてみました。

<依頼した物件の内容>
査定をしてもらう物件は、同じマンション内で物件が売られているところ。
これにより、売却価格がすでにわかるため査定の精度を確かめることができるからです。

<物件の間取り>
3LDKの間取りで、8,500万円で出されていた物件です。

今回は、実際に査定をしてもらうのは物理上困難なので、初期対応の良さがどの程度のものかを調査。
初期対応によって、良い業者であるのか、どんな点に気をつけるべきかを参考にしてもらえれば幸いです。

<共通して提供した情報>
初心者なので、専門用語がよくわからない。売却について教えて欲しい。

1、オフィスパートナー

<査定までの流れ ホームページにて査定情報を入力する>

オフィスパートナーでは、カンタン査定というページがあります。
ここで、必要な物件の情報を記入します。そして、備考欄には、連絡手段の方法や、何か伝えたいことがあれば、追加欄に記入をするというものでした。

<その後の対応>

自動返信にて、近日中に連絡をするとのメールがすぐに着ました。送信した日は水曜日で不動産業者は休みのところが多かったのですが、担当者からその日の夜には返信が来ていました。
その中のメールでは、
売却方法、高く売却するためにはどうすれば良いか、オフィスパートナーのスタンスを細かく紹介した上で、
査定額に焦るのではなく、お店に来店して相談するのが一番と提案されました。
この時、希望する額で売却できるかは、正直わからないとはっきり断言する文言がありました。

<評価>

対応メールを見ると、3社の中では最も好印象だと感じました。
すぐに結論を出すということではなく、じっくり議論して買取希望者と売主の希望を擦り合わせようとしている姿勢が見えたのも好印象です。
良い価格で売るのではなく、売り手が納得するための売却方法を一緒になって探す姿勢が初期対応からも見えたので、この後実際に査定をしてもらうことになっても、かなり良い査定をしてもらうことが期待できます。

もちろん担当者によりますが、その日のうちに長文でメールを返信してくれる点は、対応が早く、トラブルやわからないことでも親身に対応してもらえそうなので、是非親切な対応を期待している人は、オフィスパートーナーに査定を出すと良いでしょう。

 

2、レッツクリエイション

<査定までの流れ ホームページ上での入力>

ホームページにあるお問い合わせホームにて、簡易的な情報を入力。
入力する箇所がオフィスパートナーよりも少なく、名前、連絡先、物件名、問い合わせ内容を入力するもの。

<その後の反応>

自動返信にて連絡が着たのち、4時間後には個人メールにて連絡が着ました。
希望査定額で売却出来るかもしれない。時期はいつを考えているのか? できれば直接査定をしたい
との情報でした。

<評価>

返信は3社の中で最も早かったのですが、対応はとても良かったといえば微妙です。
情報をたくさん欲しい。といったようにも感じました。
良い点とするのであれば、直接物件を見て査定をしっかり出したいと提案をした点です。
査定をすることになれば、お店での相談だけではなく、自宅に訪れてしっかり査定をすることになるので、時間を作る必要があります。しかし、しっかり査定をしてもらえる期待はとても高いので、相見積もりの1社としては有効と言えます。

3、住友不動産販売

<査定までの流れ ホームページにて入力>

ホームページにある無料査定を利用して依頼をかけました。
地域を入力したのち、簡易査定(机上で出来るもの)、訪問査定かを選択できます。
どちらかを選択したのち、個人情報を入力します。3社の中で入力内容が最も多かった印象を受けました。

<その後の対応>

自動返信で数日中に、担当者から連絡があるという旨のメールが着ました。その後、メールで物件情報に関する質問があり、その後希望していた時間帯に着信がありました。
この時住友不動産では、他の会社とは異なり、物件情報の整合性があっているか? という確認から始まりました。
今回の調査では無作為に選んだ物件なので、当然ながら物件の持ち主と依頼主の情報が異なっていることを指摘されたので、残念ながら調査はここで終わりました。
情報をしっかり調べてくれるという点では、好印象です。

<評価>

初期対応では、唯一の電話対応でしたが、低姿勢で物件情報と違う旨を説明してくれました。
なぜ、このようなことをするかと聞いて見ると、このご時世なので、しっかりした情報を得てから連絡を取るようにとのことだったので、適当な返事をして契約をするのではなく、しっかりした情報を得た上で、丁寧に査定をする姿勢がこの対応から伺えました。
メールと電話双方からコンタクトを取り、メールのレスがなければ希望時間帯内で電話をしてもらえる点も良い対応であったと思います。1つ1つの対応がとても丁寧だったので、査定も期待することができます。

このように、3社とも丁寧な対応をしてもらうことができました。
もちろん、対応にはバラつきがありますが、真摯な対応が期待できそうです。
相見積もりをする際、良い業者であれば初期対応もすばらしいものばかりです。
査定に不安がある場合は、初期対応から不安な点も多いので、まずは、ここを第一関門としてチェックするのも良いでしょう。

相見積もりをすることでの、メリットは?

不動産会社の実績がよくても、担当者次第で印象が大きく異なると感じました。
例えば、先ほどの3社でも口コミを見ると、「担当者が最悪。これから売却を考えている人はやめた方が良い」という意見も確かに存在しています。そのため、大手の不動産会社だから、依頼はここにしておけば良いということではありません。どちらかというと、依頼をする人がどんな人に当たるかを相見積もりで調査をするといった方が正しいかもしれません。つまり、相見積もりには次のようなメリットがあります。

1、技量がわかる

その不動産会社の技量がわかるのは、当然のことです。希望価格を統一して情報を展開することで、各会社の見解を知ることができます。その価格で売れる、その価格では売れない、といったように、断言するところ、慎重になるところ、初心者にわかりやすく説明する会社等、その会社の姿勢がはっきりするため、希望の売却価格で売れそうかどうかも知ることができます。

2、人柄を見る

相見積もりで最も重要なのは、ここではないでしょうか。これから査定をする人=取引でずっとお世話になる人から、直接連絡がやってきます。電話で話すことも可能です。お店で直接対応もしてくれますが、メールの文面や、電話での対応から、この人が信頼するに値するかを見分けることができるからです。
相見積もりで、不動産の売却の価格を比較することも重要ですが、価格だけではなく、売却をするために協力をしてくれる担当者を比較することもできます。
どんな対応をしてくれたのか、こちらの思いに真剣に答えてくれそうかなど、相見積もり書とプラスして人柄からも判断することが出来るのも、相見積もりの良い点であると言えます。

このような点が相見積もりのメリットと言えるでしょう。

まとめ

今回紹介したように、売却をする際には、大手に1社決めるだけでなく、あらゆる可能性を考えて複数の業者に依頼しましょう。

東京の不動産売却会社3選

オフィスパートナー

常に相場より高値での不動産売却を目指している。購入希望者と直接交渉し、売り手と買い手の希望を汲み取ってすり合わせてくれるため、実際の売却額も相場より高めのケースが多い。

レッツクリエイション

売り手の希望に合わせて、3種類の売却コースを用意している。リフォーム・リノベーション後の売却にも対応。

住友不動産販売

全国に250を超える店舗を持つ大手不動産業者。仲介業者でNo.1の実績は信頼度が高い。