HOME » 不動産売却はじめてガイド【マンション編】 » 不動産売却の代金はいつ支払われる?

不動産売却の代金はいつ支払われる?

不動産を売却した場合に、売却代金はいつ手元に入ってくるのかについてご紹介します。

不動産の売却代金が入ってくるのはいつ?

不動産の売却を行う際には様々な手続きを踏まなければなりません。売却が決まった場合の代金はいつ支払われるのでしょうか。 まず、価格を決めて売り出しを開始したあとは購入者が見つかるのを待つことになります。 当然ながら相手が見つからなければ売却代金は支払われません。 相場に比べて高すぎる価格を設定してしまうとなかなか買主が見つからない結果になるので十分注意しておきたいですね。

購入者が見つかり、交渉を行うわけですが、ここで両者の折り合いが付けば契約という形になります。金額についても交渉されるはずなので、お互いにとって納得のいく契約になるように不動産会社の力を借りましょう。 代金が支払われるのはこの次の段階です。売り主と買主の間で合意が得られた場合は売買契約が締結されることになるのですが、ここでまず手付金として物件価格の5%から10%程度を現金で受け取ることができます。

続いて物件の引渡しとなるわけですが、この段階で不動産売却残金を受け取るのが一般的な流れです。つまり、売買契約時と引き渡しの2回に分けて売却代金を受け取ることになります。 ただ、不動産会社に買取をしてもらう場合は基本的に一括で支払ってもらえるでしょう。このあたりは不動産の売却方法によっても異なってくるので不動産会社によく確認してみてくださいね。

手付金の注意点

手付金の額については両社で話し合いをして決めることもあります。ですが、基本的には不動産会社に相談をした上で決めるのがおすすめです。 手付金をほとんど受け取らないことも可能ではありますが、必ず受け取っておいたほうが安心です。というのも、売買契約時に受け取る手付金は途中で契約が解除になってしまった場合に重要な役割を果たします。

解約をする場合、買主は手付金を失うことになるので、手付金として支払われる金額が少な過ぎると何か少し問題があった時にすぐに解約されてしまう可能性があるのです。 住み替え先の住宅購入資金としていつお金が入ってくるのか気になっている方は契約をしている不動産会社に直接具体的な時期を確認してみましょう。

東京の不動産売却会社3選

オフィスパートナー

常に相場より高値での不動産売却を目指している。購入希望者と直接交渉し、売り手と買い手の希望を汲み取ってすり合わせてくれるため、実際の売却額も相場より高めのケースが多い。

レッツクリエイション

売り手の希望に合わせて、3種類の売却コースを用意している。リフォーム・リノベーション後の売却にも対応。

住友不動産販売

全国に250を超える店舗を持つ大手不動産業者。仲介業者でNo.1の実績は信頼度が高い。