HOME » 不動産売却はじめてガイド【マンション編】 » 売却額の相場

売却額の相場

東京の不動産売却価格と成約件数のデータから今後の予測を展開。主要駅のマンション売却相場も一覧で紹介。

東京のマンション売却の相場とは

2013年9月に発表された公益財団法人「東日本不動産流通機構」(レインズ)の月例速報によると、首都圏の中古マンションの成約件数は3,123件と前年同月比12.5%増の好成績を上げていることがわかります。

中古マンション成約数が前年同月を上回るのは、これで13ヵ月連続です。
成約した物件の平米単価の平均も、前年同月比8.7%増の40万9,500円、成約平均価格2,654万円(前年同月比6.5%増)と、全体的に上昇傾向にあると解釈できます。

マンション売却の今後は増税のタイミングがカギ

2014年4月と2015年10月に決定している消費税の段階的な増税が、マンション売却の追い風になっていることは想像に難くありません。

高額な取引になるマンション売買では、消費税の負担も重く増税される前に購入したいと考える人が増えるため、売り手にとって有利な条件での売買契約が結びやすくなっていると考えられます。

ですが、第1回目の増税が実行される2014年4月を経過すると、一時的に不動産の売れ行きが滞ることも予測され、売れにくい状況下でのマンション売却は不利な展開になるでしょう。売却するなら増税前、あるいは第2回目の増税が実施される2015年10月に近い予定を立てると良いかもしれません。

東京のマンション売却相場価格一覧

東京の主要駅における中古マンションの売却価格相場を一覧表で見てみましょう。最も取り引きが多いとされる、2Kから2LDKの物件の平均価格を使用しています。

駅名 平均売却価格
上野 6,380万円
池袋 3,029万円
新宿 5,785万円
渋谷 6,959万円
品川 5,641万円
赤羽 4,480万円
北千住 3,530万円
錦糸町 3,298万円
蒲田 2,663万円
吉祥寺 4,295万円

東京の不動産売却会社BEST3

1
オフィスパートナー

常に相場より高値での不動産売却を目指している。購入希望者と直接交渉し、売り手と買い手の希望を汲み取ってすり合わせてくれるため、実際の売却額も相場より高めのケースが多い。

2
レッツクリエイション

売り手の希望に合わせて、3種類の売却コースを用意している。リフォーム・リノベーション後の売却にも対応。

3
住友不動産販売

全国に250を超える店舗を持つ大手不動産業者。仲介業者でNo.1の実績は信頼度が高い。