HOME » 実力派の不動産売却会社カタログ(東京) » オフィスパートナー

オフィスパートナー

不動産売却で評判が高い、東京・オフィスパートナーをリサーチ。評判、売却事例などをまとめました。

東京での不動産売却に強い会社「オフィスパートナー」の特徴

  • 一般のエンドユーザーに直接販売するため、売却額が高い
  • 依頼から売却完了までがスピーディ
  • 海外のお客様にも対応しているので、販売ターゲットが広い

オフィスパートナーってどんな会社?

株式会社オフィスパートナーは東京都の神田に本社があります。最寄りの駅はJR山手線の神田駅から徒歩2分のところにあり、アクセスも良く、便利です。営業時間は10:00~20:00と長いので、安心して相談できます。主な取扱物件は以下の通りで、

賃貸:アパート、マンション、戸建て、事務所、店舗

売買:中古マンション、中古一戸建て、工場、倉庫、事務所、店舗、投資用、土地

賃貸、売買ともに幅広い物件を取り扱っています。また、買取、中古マンション買取なども行っています。賃貸管理業務やリフォームにも対応してくれるので、不動産に関するさまざまな相談ができる、まさに心強い「パートナー」です。

2006年に創業した株式会社オフィスパートナー。まだ新しい会社ではありますが、「 お客様の不動産取引のベストパートナーであること」をモットーに、信頼できる不動産会社として、実績を積み上げてきました。小さな規模の会社ですが、だからこそ可能な、きめ細かい顧客目線の対応をしてくれると、顧客満足度は業界トップクラスです。

「より公正で実りある不動産取引きへの志は大きく。これまでも今後も、この志が変わる事はありません。」代表の柴崎龍太郎氏の人柄に惹かれて、数ある不動産会社の中から仲介を依頼したという顧客も少なくありません。

「お客様の最大のパートナーになれるよう、努力している。」というスタッフの方々。公認不動産コンサルティングマスターが大切な不動産取引をバックアップします。

公認不動産コンサルティングマスター

個人や法人問わず、さまざまな不動産取引のニーズが高まっている現在。また、高度で複雑化している不動産関連業務は、不動産の有効活用や売買だけではなく、投資などに関しても幅広く深い知識を身につけた専門家からの的確なコンサルティングが必要不可欠になってきており、今後も益々求められています。

このようなニーズに応えられる存在として期待されているのが「公認 不動産コンサルティングマスター」(旧 不動産コンサルティング技能登録者)です。これは「公益財団法人 不動産流通推進センター」公認資格のことです。

不動産コンサルティングに関する一定水準以上の知識や技術を有すると認められた人だけが認定されて登録される資格です。「公認 不動産コンサルティングマスター」の試験は宅地建物取引士資格登録者、不動産鑑定士登録者、一級建築士登録者を対象にする試験で、それぞれ一定の実務経験を持っている人だけが登録を申請できるという資格です。それぞれ不動産取引や建築などの知識を持ちながら、さらに不動産コンサルティングの知識も加わった、頼れるプロというわけです。

直接交渉で高い売却額を実現

オフィスパートナーのサイト画像東京を始めとした首都圏で不動産の売買や仲介、コンサルティング業を手掛けているオフィスパートナーは、独自の事業戦略で業績を伸ばしている会社です。

不動産を売却する場合、査定額が高くても、実際に売れたのは査定額の半分近く、というケースが多い中、オフィスパートナーでは相場より少しでも高い額での売却額を目指しています。

一般的な不動産会社とは違い、購入希望者と直接交渉してくれるので、相場よりも高い金額での売却ができるのだとか。多くの売主が「希望価格に近い金額で売却できた」と口コミ評判でも人気の程が伺えます。

不動産売却のノウハウとデータ蓄積には絶対の自信を持っていて、市場動向などを常に把握しているため、高めの売却が可能なのです。

また、不動産売却においては、不動産会社が買い取るのではなく、仲介をすることで購入希望者に直接販売してくれるため、売主、買主の希望をギリギリまで調整することが可能です。そのため、売主、買主双方から高評価を得ているのです。

依頼から売却完了までがスピーディ

オフィスパートナーは売り手と買い手の双方を自社で確保する、いわゆる「両手取引」にこだわらず、他社に物件探しを依頼した購入希望者にも、積極的に物件を紹介しています。そのため、売却成立までの期間が短く、過去の例では、依頼から2週間で売却完了したケースもあります。

さらに他社に依頼したものの、売却交渉の進展が上手く行かない物件の相談にも、積極的に乗ってもらえることもおすすめポイントのひとつ。売却が難しい物件や古い物件、他の不動産会社から値引きを迫られるような物件でも、相談してみると良いでしょう。

オフィスパートナーは顧客の要望だけではなく、不動産取引の専門家が市場の動向などの詳細な情報を常に収集し、分析をしています。そのため、「販売価格が適正だったか」「もっと高く売ってくれる不動産会社があったのではないか」などという後悔をしないで済むでしょう。不動産会社の顧客満足度の最も重要な部分は、やはり不動産取引が希望通り、または希望に近い条件でスムーズに進められたかということです。

土地公示価格だけでは見えない、市場や経済の動向に裏付けされた情報や分析を行って不動産取引に活かしている不動産会社を、信頼できるパートナーとして選んでいただきたいと思います。

販売ターゲットが広い

オフィスパートナーの顧客は国内だけではありません。海外の投資家などにも対応しています。不動産取引の専門家集団だからこそ対応できる幅広い顧客対応能力で、満足のいく取引をバックアップしてくれます。

海外の投資家との取引は成約率も高く、現金で購入する人が多いという特徴もあり、より安全な不動産取引ができると注目されています。

販売ルートを海外まで拡大することで、より条件の良い不動産取引が可能になります。

海外への販売ルートは、海外におけるそれぞれの国に対する不動産や法律など、さまざまな事情への深い知識と経験が必要であるため、やはり専門の知識を身に付けたスタッフが在籍する不動産会社に任せるのが安心です。

大手不動産会社にはないきめ細かさは、このような海外との不動産取引にも活かされます。

海外の不動産投資は高い利回りと言われるのはなぜ?

不動産投資における収益には、家賃収入による「インカムゲイン」と不動産価値の上昇による売買差益「キャピタルゲイン」の2つがあります。海外不動産投資の場合、人口が増加傾向にあり、経済成長がみられる国の方が当然、収益性も高くなります。

まず、家賃収入による「インカムゲイン」は、特にアジアの新興国をなど、経済成長を続けている国々は、人口の増加によって住宅需要が増加している事や所得や物価の上昇を続けています。将来的にも家賃増加が期待できます。

一方、保有する物件の価値が上がることで得られる「キャピタルゲイン」は、高度経済成長期では不動産価格も上昇しても、ある程度落ち着いてしまうと不動産価格も減少傾向にあると言われていますが、人口が増え、経済成長を続けている国では大きな利益を上げることが可能です。

このように、海外まで視野を広げることで、日本と異なる経済成長や人口増加などの状況がありますので、日本では不可能な高いリターンを狙うこともできます。

その際、やはり信頼できる不動産会社をパートナーに選べば安心です。

東京の不動産売却事例

物件所在地 間取り 売却価格
東京都中央区 1LDK 4,050万円
東京都江東区 3LDK 3,750万円
東京都台東区 3LDK 6,400万円
東京都江東区 3LDK 3,280万円
東京都文京区 - 2,300万円

オフィスパートナーの口コミ・評判

売却価格が他社よりも高めで提案されました。ですから半年位で売れれば良いと思っていたところ、結果4ヶ月位でミラクルは起こり、売却が成立。無事買い替えもできて満足しています。


大手の不動産会社に任せるか悩んでいたところ、オフィスパートナーさんをたまたま見つけ、売却をお願いしました。結果、大成功です。最終的な値段交渉、引渡し時期の調整等、いろいろとこちらの要望を通して頂き、とても有り難く思いました。


一括査定をしたところ、周辺状況や賃貸の事も詳しく比較した中で1番頼ることができそうなので、オフィスパートナーさんにお願いしました。予想以上の価格で売却ができ、売却期間も予定の半分でした。


他社との契約を取り消して、オフィスパートナーさんに頼んで正解でした。それまでは、ローンの残債が300万ほど残る計算だったのですが、当初の価格から2割以上も高い金額で売却してくれました。親身に話を聞いてくれた点も、信頼に値する会社です。


フルローンで購入したマンションということもあり、どうしてもローンの残債以上で売却したいと思っていました。結果、期待していた通りにローンを清算してもお釣りが出る額で売却してもらえました。反響が少なく、厳しい状況の中で納得できる額で契約して頂いて感謝しています。


大手の不動産会社でも難しかった私たちのマンション売却を、みるみるうちに話を進めてくれたオフィスパートナーさんに感謝です。金額にも納得しています。

不動産売却の成功事例:さらに口コミをピックアップ!

最初、オフィスパートナーさんを知らずに、大手不動産会社である他社にアパートの売却を仲介してもらっていました。最初の査定額が一番高額で、誰もが知っているような大手不動産会社だったため安心できると思い選んだのですが、いくら経っても売却のめどは立たず。しまいには当初の売却価格を大幅に下げることを提案されました。「それはないだろう」という不信感を持ち、オフィスパートナーさんに駆け込んだという感じでした。オフィスパートナーさんは違うなと思ったのは、「調子の良い」ことは言わないということ。しっかりと物件に関しての情報を的確にヒアリングしたうえで、市場の動向や周辺物件の価格などさまざまなことをアドバイスしてくれたことです。こういう会社に仲介してもらわないと損をすると思ったので、他社との契約を解除しました。そしてなんと、希望価格で、しかもスピーディーに購入希望者と繋いでいただきました。慣れない不動産取引で、しかも、そう何度もあることではないのですが、次何かあるときには必ずオフィスパートナーさんにお願いしようと思います。

オフィスパートナーさんに中古マンションの売却を相談して少し経った頃、思わぬお話がありました。それは海外の投資家の方が物件の購入を希望しているということでした。築年数も経っていたのですが、気に入っていただけたようです。現金で取引できたのも大変助かりました。売却価格も自分が設定していた金額以上になり、「オフィスパートナーさんすごい!」という感じです。海外の投資家に魅力を感じてもらえたというのが想定外で、自分自身もとても勉強になりました。

会社情報

会社名 株式会社 オフィスパートナー
公式サイト http://o-partner.co.jp/
所在地 東京都千代田区内神田2-9-9 会田ビル3F
アクセス JR山手線「神田」駅より徒歩3分
受付時間 10:00~19:00
定休日 定休日無し(夏季・年末年始休業)

東京の不動産売却会社3選

オフィスパートナー

常に相場より高値での不動産売却を目指している。購入希望者と直接交渉し、売り手と買い手の希望を汲み取ってすり合わせてくれるため、実際の売却額も相場より高めのケースが多い。

レッツクリエイション

売り手の希望に合わせて、3種類の売却コースを用意している。リフォーム・リノベーション後の売却にも対応。

住友不動産販売

全国に250を超える店舗を持つ大手不動産業者。仲介業者でNo.1の実績は信頼度が高い。